「物まね」か「模倣」か

単なる「物まね」と、芸術の「模倣」の違いをはっきりさせておかなければいけない。なんだか難しいことのようだけれど、楽曲を仕上げるのに、例えば小学生でも問題になると思うので。

まず、本当に芸術的な演奏は、多くの「ものさし」を持つものだと思う。単に「一つ」の要素ではなく、多くの要素が関係しあって一つの世界を作り上げているということ。

そうすると、それを「尺度を限定した」ものの見方をすると、芸術の多くの部分を切り捨ててしまうことになる。

「自分のものの見方を広げていくために模倣し、その多くの物差しを学んでいく」のか「自分の見方をそのままにして、理解できない部分を切り落としてしまうのか」の違いではないだろうか?

こちらを参照
こちらも

新たな「尺度を掘り起こす」ことに関しては、こちらも

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

生徒募集のお知らせ

兵庫県明石市JR魚住駅徒歩3分
今まで「日々雑感」で書いていることを応用したレッスンを行っています。
また、メールでのご意見ご感想、レッスンの相談等もお待ちしています
お問い合わせは m-ohtake☆iris.ocn.ne.jp(星を@マークに)あるいはFBにメッセージでお願いいたします。
特に、ピアノ、音楽を専門にされている方へのレッスンは、金曜日午前中と、土、日曜日に行います。

出張レッスンと講座 日本中どこでも
3人以上の出張レッスン、公開レッスン、講座も行います。

大阪府豊中市 阪急庄内駅徒歩8分
大阪音大音楽院でもレッスンしています (月)(木)(土)
音楽大学受験生も募集しています
こちらもご覧ください

レッスンやピアノ教育に関する相談もお待ちしています
m-ohtake☆iris.ocn.ne.jp
携帯080-3038-8671
まで

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。