もう一度原点へ

・よくレッスンで生徒にこのようなお話をします。
「この曲を作った人ってどんな人だったのかな?どんな気持ちだったのかな?」
もちろんこの問いに「正解」なぞはありません。でも、今あなたが演奏しているこの曲は、「演奏している私のために作曲してくれた」と思うことが大切かも。曲を作った人と演奏する人は、いつでも一対一で対面しているのです。

・曲を演奏するのは、友達からの手紙を読むのとおなじ、とよく言います。かしこまって聞くのもいいけど、その向こうに「人間」がいる。あなたやあなたの友人のように、「人間がいるんだ」と思えばいいと思うんだけど・・・

・たとえばグリーグはあのような自然の中から「春になったんだよ」と手紙を僕に書いてくれた、と思えばいいのです。難しいことではないと思いますが・・・

・子供のころレコードを聴きながら「この曲を作った人たちが、うちに来てピアノを弾いてくれないのかな?」と思ったことがありました。もちろん今も同じ気持です。

・もう一度いろいろなことを、ここから考え直すことが必要だと思います。

・ぼくはここに書いたことを(違う表現や、深めたことを言うことはあると思いますが)変えようと思いません。

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

招き猫

次の記事

音大志望者募集