ショパン:バラード第1番 

こんにちは。
明石市魚住の大竹ピアノ教室の大竹道哉です。
本日もブログを発信していきます。

ショパン:バラード第1番 

以前から気になっていた、伸ばされた音。(譜例1)

この赤○は、バッハの平均律第1巻第1番前奏曲(譜例2)からヒントを得たのではないのだろうか、と私は考えている。

ところで、バラード第1番の上声を取り除いた楽譜を書いてみた。すると、以下のような空白ができる。(譜例3)

その空白を以下のように埋め合わせてみた。(譜例4)

つまり、この「伸ばされた音」は、内声の一部であるということ。以下のようなつながりが見える。(譜例5)

(譜例6)のようなとらえ方ができるのではないだろうか?

譜例6 の下2段を弾いてみる。その表情の変化は、やはりショパンのものだと思う。「ハーモニーを歌う」ことを忘れてはいけない。

講師プロフィール

レッスン可能曜日・料金

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。