ピアノの練習・脳を活性化させる「スケールとアルペジオ」

スケールやアルペジオが、マンネリ化してしまったら試してみてください。この他にも左右逆のcresc.とdim.を付ける、なども有効です。本来「左右の手はそれぞれ自律・自立していないといけない(もっと言うとそれぞれの指も)」であり、それらを自由に曲の求めに応じて組合わせる必要があるのです。
ですから、このようなことを取り入れると「頭の働かせ方」や「指や手が考える」ということにつながると思います。
こちらもご参考に

アドバイスレッスンや、講座、演奏行っております。こちらこちら
お問い合わせは m-ohtake☆iris.ocn.ne.jpまで

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。