ピアノを弾くときの「新基準」

ここまでいろいろ書いて思うのですが、どうやら「ピアノを弾いたり教えたりするときに『常備する言葉』というものを列挙するといいのではないか」という考えに至りました。
例えばテンポでも「速い⇔遅い」だけでなく
「拍節の強いテンポ⇔拍節の弱いテンポ」
「硬いテンポ⇔柔らかいテンポ」など
休符「強弱、表情、拍節の存在」
手の跳躍「聴かせるべき跳躍⇔聞かせてはいけない跳躍」
楽譜の記述「手指の動きを記している⇔響きを記している」
「記されている音の長さ⇔響かすべき音の長さ」
「省略されている音の存在」
「音の整理、再構築」
今まで、ピアノ教育に際して「使われていなかった言葉」を掘り起こし、その基準に照らして様々な曲に対処できると思います。これらの言葉をピアノのレッスンや練習に「常備」し、判断していくわけです。

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。