原典版と解釈版の問題を考えているうちに・・・

「解釈版」をどのように使うかで、解釈版の持つ意味が全然違ってくるはずだ。「ひとつの案」として考察するか「絶対のもの」として服従するか。以前書いたこのようなレッスンのもとでは、後者になってしまう。校訂者が「ひとつの案」として書いたものが「服従の道具」になっているかも。こちらを参照

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。