暗譜は覚えることではなく、考えることである

暗譜は覚えることではなく、考えること、聴くことである

これは、断言します。いろいろなピアノ関係のブログを見ても、「暗譜=覚えること」と思っている方がほとんどです、でも私の考えは違います

本当の暗譜は覚えることではなく、考えることと聴くことによって成し遂げられる。また暗譜は目的でなく 音楽について考えること、聴くことが真の目的である

と信じています。ではそれを実践できるか。やり方はとても簡単、今さらっている曲、まだあやふやな状態で楽譜を閉じて弾いてみます。当然わからない部分が出てきます。わからない部分をすぐに楽譜を開かずに、思い出そう、考えだそうとして弾いてみます。その「思い出そう、考えだそう」の内容を自己分析してみましょう。そうすると、とにかく「音楽について考える、自分の音をよく聴く」に行きつくはずです。

この説明は、途中の経過を飛ばしています。実践してみてなるほど、という方もいらっしゃれば、懐疑的になる方もいらっしゃると思います。メールやコメントをいただければ幸いです。

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。