インベンションの楽譜について

こんにちは。
明石市魚住の大竹ピアノ教室の大竹道哉です。
本日もブログを発信していきます。

以前、インベンションの楽譜の段組みについて書きましたが、
書いたことに誤りがあるのではないかとのご指摘を受けました。

「バッハの2声のインベンションの楽譜が、必ずしもBではないことが注目できます。特にバッハ自身の自筆譜がAであることは興味があります。」
であると書きましたが、実際バッハは
Bを 書いているとのことです。

IMSLPでmanuscriptと呼ばれるものは、三種類ありました。
そのうち、Aのもの、Bのものそれぞれありました。
こちら
なぜ、バッハは を書いたのかは
まだまだ私自身、考察不足です。
シンフォニアはどうであるのか
ペダルのあるオルガン曲はどのように書かれているのか
また、その時代のほかの作曲家の楽譜の書き方
バッハの様々な作品の書かれ方
彼の思想的な背景など
多くのことを考察していかなければいけないです。

私一人では負いきれませんが
より、真実がわかると、私たちの音楽の在り方に
一つの示唆を与える可能性があると思います・

今回、ご指摘を受けました
丸山圭介先生
にお礼を申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。
大竹道哉

講師プロフィール

レッスン可能曜日・料金

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。