ショパンは何を楽譜に書いたか?

こんにちは。
明石市魚住の大竹ピアノ教室の大竹道哉です。
本日もブログを発信していきます。

ショパンの楽譜をいくつか見ると、非常に音楽の動きがよくわかる書き方、その音楽の内容からしてあまりにぶっきらぼうな書き方、両者が存在する。
たとえば、マズルカなどのアーテキュレーションは、実に細かく丁寧に書かれている。

一方、スケルツォ第1番の中間部を見ると、この部分で奏でられる「幼きイエスよ」の旋律が見えない書き方になっている。

また、ソナタ第3番の終楽章も、旋律線の見えない書き方になっている。

また、ショパンはまずAを書いて、それをBのようにあらためたことが、わかっている。(註釈)

それぞれの事例がバラバラに見えるが、この記譜法に一貫性が考えられる。
「響く音」ではなく「演奏するときに手指はどのように鍵盤に置かれ、またどのタイミングでペダルが踏まれるか」を楽譜に記している。
すると、譜面上に次のようなことが起きる。
1.片手で「一つの声部」を扱う場合、そのアーテキュレーションが克明に記される
2.片手で多声部を扱う場合、それぞれの声部の間を行き来する手の状態そのものが、楽譜に記される。
つまり、1の場合は「音楽的」に感じられるが、2の場合は一見「非音楽的」な表現にとられる。すると、このような楽譜を演奏する場合、演奏者がその「線」を見つけてつながるよう配慮しなければならない。

特に、見過ごされがちなこと。ワルツの伴奏部分には、次のようなリズムは、存在しない

しかし、ショパンのワルツを見てみると上記の記譜がある

これはどういうことだろう?
本来は

という書き方をされるのではないだろうか?現に、12小節は

つまり、彼にとって楽譜の音符は、片手の中の2つの声部を示すという「音楽的な響き」ではなく「手指がどのように鍵盤上を進むか抑えているか」を時系列に従って、淡々と描いている、ということになる。すると
・右手、左手がそれぞれ一つの声部だった場合、そのアーテキュレーションが克明に描かれる。
・片手の中に複数の声部があった場合、時系列に従って鍵盤を指で抑えている時間がかかれているので、演奏者はその声部を「解釈して響かせなければならない」
・彼の楽譜の記述で、多声部のようになっているのは「同時に長さの違う音を抑える」という意味である。

註釈・奈良教育大学紀要 第59巻 第1 号(人文・社会)平成22年
Bull. Nara Univ. Educ., Vol. 59, No. 1 (Cult. & Soc. ), 2010
ショパン作曲《Etudes op.25》の原典版楽譜の研究
-No. 1 、No. 2 の原資料に基づいて-
前田則子 奈良教育大学音楽教育講座(器楽)
多田純一 大阪芸術大学大学院芸術研究科博士課程後期在学
⇒こちらで閲覧できます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
生徒募集のお知らせ
兵庫県明石市JR魚住駅徒歩3分
今まで「日々雑感」で書いていることを応用したレッスンを行っています。
また、メールでのご意見ご感想、レッスンの相談等もお待ちしています
お問い合わせは m-ohtake☆iris.ocn.ne.jp(星を@マークに)あるいはFBにメッセージでお願いいたします。
通常の定期レッスン水曜日、金曜日、火曜日午前中に行っています。幼稚園生から大人まで

特に、ピアノ、音楽を専門にされている方へのレッスンは、金曜日午前中と、土、日曜日に行います。
レッスン室の写真です

出張レッスンと講座 日本中どこでも
3人以上の出張レッスン、公開レッスン、講座も行います。

大阪府豊中市 阪急庄内駅徒歩8分
大阪音大音楽院でもレッスンしています (月)(木)(土)

講師プロフィール

レッスン可能曜日・料金

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。