なぜ「楽譜を自分で読む」のか?

こんにちは。
明石市魚住の大竹ピアノ教室の大竹道哉です。
本日もブログを発信していきます。


先日、新聞のクロスワードパズルをしようと思って、古新聞を引っ掻き回した。出てきた新聞にはもうすでに妻の文字が・・・
そりゃ、応募はできるけれど、つまらない。

ちょっと待てよ。楽譜を読むっていうのもこういうことかな?
読む=考える つまり考えるからである。
聞いたものを単にそのまま演奏すれば、手っ取り早いかもしれない。しかしそれでは「演奏者本人の中での目的」が存在しなくなる。演奏者は「読んだものを音にする」そこに「様々な思索、練習をする」その行為そのものが、演奏者にとっての目的の一つであるから。
ただ真似するのではなく、「自分で読んで考えて」それが演奏者にとってのプロセスであり、目的であるから。

作曲者にとってみれば、ポンとそこに作品が置かれるのではなく、作品を書く間の様々な試行錯誤が、作曲の目的の一つである、ならば、演奏者にとっても同じこと。つまり広い意味での「練習」は「演奏の場」への手段であるけれど、「練習そのもの」も目的であるということ。
「楽譜を読む」ことによって「どのようにすべきか」を考える。その考える場は「自分で楽譜を読む体験」であるのではないだろうか?
他人にやってもらったクロスワードパズルでも、応募はできるだろう。でも「自分で考える」がそこにない。

単に「楽譜を読まずに耳コピ」はどうかと思う。ほんとうの「耳コピ」は、表面だけ安易に聞くのとは違う。その演奏の「真髄」まで聴きとる、高度な挑戦とでもいうものだろう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
生徒募集のお知らせ
兵庫県明石市JR魚住駅徒歩3分
今まで「日々雑感」で書いていることを応用したレッスンを行っています。
また、メールでのご意見ご感想、レッスンの相談等もお待ちしています
お問い合わせは m-ohtake☆iris.ocn.ne.jp(星を@マークに)あるいはFBにメッセージでお願いいたします。
通常の定期レッスン水曜日、金曜日、火曜日午前中に行っています。幼稚園生から大人まで

特に、ピアノ、音楽を専門にされている方へのレッスンは、金曜日午前中と、土、日曜日に行います。
レッスン室の写真です

出張レッスンと講座 日本中どこでも
3人以上の出張レッスン、公開レッスン、講座も行います。

大阪府豊中市 阪急庄内駅徒歩8分
大阪音大音楽院でもレッスンしています (月)(木)(土)

講師プロフィール

レッスン可能曜日・料金

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。