「教養としてのバッハ」

教養としてのバッハ──生涯・時代・音楽を学ぶ14講 (叢書ビブリオムジカ) 教養としてのバッハ──生涯・時代・音楽を学ぶ14講 (叢書ビブリオムジカ)
価格:¥ 2,310(税込)
発売日:2012-04-20

友人のドイツ語の先生から、一冊の本が送られてきました。 「教養としてのバッハ」

・この本、今までの「バッハ」の本とは一味違うぞ!この本には「音楽学」「宗教学」以外の執筆者も参加しています。これらの視点から「バッハの時代、環境」を考察しています。

・作曲家の伝記を読む場合、単に「文化の違い」だけでなく、「生活環境、インフラ、産業状況」などなど多岐にわたって想像力を働かさないと、「現実」が見えてきません。ついつい「現代の私たちの視点」でものを見てしまいがちです。

・そのような意味で考え直す一冊です。バッハをこれから勉強しようとする人にも、音楽の専門家にも、愛好者にも「なるほど」と思う部分があります。お勧めの一冊です。

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

鯉のぼり