先日のレッスンから

小学一年生の女の子、お母さんと一緒にやってきます。まだピアノを始めて半年ぐらい。でも発表会にも堂々と7曲(!!!)も弾いたので、自信もついていると思います。
バーナム・ピアノテクニックで、ピアノのテクニックの初歩を練習しています。この前のレッスンで、この練習に「自分でフォルテやピアノ、クッシェンドなどをつけてみると面白いよ」といい、書き込み方も説明しました。
次の週、きちんとやってきましたが、お母さんの話によると、いろいろ試してどれがいいかを自分で考えたといいます。こだわりを持って「ここはこれがいい」と選んで書き込んだといいます。
私はこれが大切だと思いました。ただ、「こうしなさい、ああしなさい」を言われて待ってするのでなく、「自分でどうしたらきれいに聴こえるか、良くなるか」を考えること。
「楽譜の通りに弾く」にしても、このようなスタンスがないと「表面的な表現」しかできないはずです。
次次回は、これについて実際の譜面を使って説明します(以前、説明したかもしれないなぁ・・・ちなみに次回は、ショパンのエディションについてです)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
今まで「日々雑感」で書いていることを応用したレッスンを行っています。
特に、ピアノ、音楽を専門にされている方へのレッスンは、金曜日午前中と、土、日曜日に行います。
3人以上の出張レッスン、公開レッスン、講座も行います。
お問い合わせは m-ohtake☆iris.ocn.ne.jp(星を@マークに)あるいはFBにメッセージでお願いいたします。
大阪音大音楽院でもレッスンしています (月)(木)(土)
音楽大学受験生も募集しています

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。