意識を移す

Photo_2
ショパンのエチュード作品25-9です。これは青で囲った右手のオクターブが難しいと思います。なかなか軽やかに弾けない。そこで、意外な方法があります。左手の赤で囲った○、特に1の指に注意を向けます。この1の指を「歌わそう」と思うと、右手の重さが抜け、全体がまとまった響きになると思います。
このような場合、演奏者はどうしても「技術的に難しい」と思いがちなところに意識を向けます。ところが多くの場合この「意識」により、過重に力が入ったり、余計な動きが混ざったりします。特にこのオクターブは「縦揺れ」が増えてしまいます。左の親指に意識を向けることにより、この縦揺れがなくなり、軽やかなリズムを作り、響きの中核として全体の響きをまとめます。

難しいときには、もう片手のやさしいパートにも意識を向けてみます。「必ずしも」というわけではありませんが、技術的なことが解決することがよくあります。

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

意識を移す” に対して1件のコメントがあります。

  1. さかい より:

    こんにちは
    こんにちは

    日々雑感を拝読して

    その通り!うんうん[E:delicious]と、頷きながら楽しんで読んでいます

    ピアノの曲は沢山あり一生に何曲弾けるのかなぁ?なんて…
    考えながら毎日、家事と仕事の合間に練習してます。

    練習してると時間を忘れ、夕食の準備に間に合わず叱られてます(^.^)

    大竹先生もショパンエチュードの弾き方を雑感の中で書かれていますね

    今、ショパンエチュードのみを独学で弾いてます。単純に全曲好き!

    日々雑感楽しみにしています(^^)

    今年、飯野森教会(加西)でのコンサートありますか?
    有れば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。