時間がない中でのピアノ練習・考え方を変える

以前のお約束だった「時間がない中でのピアノ練習」今、考えていますが、いくつか重要なポイントはあります。
1.テクニックへの考え方
以前の「ピアノテクニック」の考え方は「指を動かす」というものでしたが、この考えを変える必要がある。「分担する」という考え方の導入。つまり「手指の各部分」に役割を決め、分担させる。そして、出すべき「音」のために「良い動き=正しい分担の仕方」を「なるべく譜読み時に選ぶ」
2.キーワードは「まとめる」
私は、あまりうまくいっていない演奏は「音が多い」ように感じます。それは「それぞれの音の役割」や「まとまり」がはっきり認識できていないため、無駄に音が聞こえてしまうのだと思います。良い演奏は「音が整理されている」これは指標の一つで、重要です。読んだ音符を「まとめる」方向や役割がはっきり認識できるようにする。これが「音楽的」にも「テクニック」や「メカニック」の上でも重要だと考えます。

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。