音を聴く

・レッスンや、練習のとき、何を気にして考えるようにしているか。それはこれしかないと思います。過剰に「手の形」を指摘するのでなく、すべては聞こえてくる「音」にかかっていると思います。

・少し以前まで、ピアノ教育界では過剰に「手の形」が言われすぎていたのではないか。と思います。確かに、「ある音を出すとき必要な」手の形は必要だと思います。でもそれは「ある音を出すため」です。

・レスナーに求めたい、自分にも求めたいこととして、生徒に注意するときに、必ず理由を説明できるようにしておくことだと思います。つまり、ある手の形や動きを要求するのは、その結果「ある特定の音を出したいから」にほかなりません。その「特定の音」は、その曲の流れの中で、必要な音であるということです。

・ピアノ教育ということが、もっと理路整然としたもの、もっと健全になるように願っています。またそのために努力したいと思っています。

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

アマチュア