「自分」を取り戻そう

・あけましておめでとうございます。今年は特に「音楽のためのピアノレッスン」ということを考え、提言していきたいと思います。(あたりまえだけど難しい問題です)メール、ご意見お待ちしています。

・演奏会は3月18日午後3時大阪 7月14日東京巣鴨 こちらもよろしくお願いいたします。

・この前、ピアノレッスンから「命令⇒服従」の構図から抜け出そう。と提言しました。この構図から抜け出すには、「ピアノ教師」「生徒の保護者」「生徒」それぞれの立場で、もっと深く考えていかないといけないと思います。

・特に幼児期、「子供の理解を待つ」ことが大切なのだと思います。「待ってもできない」と思った時「生徒のものを取り上げて、先生のものを押しつける」⇒「生徒は自分の物の見方を捨てて、先生のサルまねをする」という構図になります。これが元凶なのだと思います。

・「理解」したことのみ「実行」できるのだと思います。「待つ」ことを自分自身にも言い聞かせていきたいと思います。

・もし先生が生徒に「こうしてほしい」と思ったら、生徒のものを取り上げるのではなく「促していく」「こちらはどうかな」と提言していくのがいいと思います。

・「鉄人何とか号」よろしく、先生がリモコンを持って、生徒を操作していく、そんな悪夢みたいなことだけはやめたいですね。

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

大人のピアノ発表会