ピアノ演奏のテクニック・音色を出すため指の長さを様々に使う

Photo
柔らかく伸ばした指で、付け根から使う音と、指の先のほうで弾く音とをグループ分けしてみます。すると指を長く使った音が浮き出てきます。また、指先で細かく弾いた音は背景のように遠くに聞こえます。譜例1
本当は、この音は、細かい音が存在しなければ腕からのしなやかな動きで弾きたいところです。譜例2 指の長さを様々に立体的に使うことにより、音色を変えることができます。
手や腕を楽にして、優雅な気もちで試してみてください。

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。