モーツァルトの天才性

Mozart_k1
私は、モーツァルトの天才はK.1のメヌエットに始まったと、信じて疑いません。そこでは無駄のない絶妙なデュエットが見られるからです。これを譜例にしてみました。①上の段は、オリジナルです。ところがもし、モーツァルトが下の段のように和音で伴奏を入れてしまったら、私はそのあとの「モーツァルト」がなかったと思うのであります。Mozart_k330

K.330を見てみましょう。②上の段はオリジナル。この曲の左手に、メロディーとデュエットするパートがあります。この曲のこの部分がもしアルベルティーバスであったら、このデュエットがないばかりでなく、なんともバランスの悪い響きになると思います。
モーツァルトの曲を見ると、このような意味でバランスのとれたデュエットがここかしこに確認できます。それは6歳の時にもうすでに決定づけられたものであることを信じて疑いません。

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。