ピアノレッスン・手指に人格を

こんにちは。
明石市魚住の大竹ピアノ教室の大竹道哉です。
本日もブログを発信していきます。

Photo
子供のころには指に名前がついています。「お父さん指、お母さん指、お兄さん指、お姉さん指、赤ちゃん指」それらが「人格」を持っているように考えられます。
あるとき突然ピアノでは「指番号」に取って代わられ、そのとたんに指は人格を失い、頭脳の中央制御のもとにおかてしまいます。いいのかな?と思ったりしています。
私は時々「右手は左手を聴いて」とか「親指が歌って」などと、あたかも手指が人格を持っているように言うことがあります。そもそもピアノという楽器は「合奏の模倣」です。いくつもの音を多人数で演奏するものを、一人で演奏できることが特徴です(鍵盤楽器は全部そうなのですが)すると、自分も「体の部位がそれぞれ人格を持つ」ように考えるとうまくいくことは多いと思います。
譜例1は,バッハ インベンション第7番
「右手は左手をよく聴いてタイミングを待って出る」
譜例2はハ長調スケール
「指使いは指が覚える」
譜例3はショパン 舟歌 作品60
譜例4はショパン エチュード 作品25-1
それぞれ「特定の指が呼吸し歌う」
技術的な練習は「手指に音楽を教える」片手練習は「パート練習」などというように考えてみましょう。ピアノを弾く気分が何となく変わってきますし、たとえば練習で、細かいことを習得した後、大きなことだけを気にとめて流れをよく演奏できたりします。
だいたい、一曲を弾く時最初から最後まで徹頭徹尾「指使いに気をつける」ことは人間として不可能です。「指使い」や「細かいニュアンス」は、「指に教えてやってもらう」ことにする。そのようなあり方は可能だと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
生徒募集のお知らせ
兵庫県明石市JR魚住駅徒歩3分
今まで「日々雑感」で書いていることを応用したレッスンを行っています。
また、メールでのご意見ご感想、レッスンの相談等もお待ちしています
お問い合わせは m-ohtake☆iris.ocn.ne.jp(星を@マークに)あるいはFBにメッセージでお願いいたします。
通常の定期レッスン水曜日、金曜日、火曜日午前中に行っています。幼稚園生から大人まで

特に、ピアノ、音楽を専門にされている方へのレッスンは、金曜日午前中と、土、日曜日に行います。
レッスン室の写真です

出張レッスンと講座 日本中どこでも
3人以上の出張レッスン、公開レッスン、講座も行います。

大阪府豊中市 阪急庄内駅徒歩8分
大阪音大音楽院でもレッスンしています (月)(木)(土)
音楽大学受験生も募集しています。

講師プロフィール

レッスン可能曜日・料金

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。