ピアノレッスン「しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです。」(ルカによる福音書 10章42節)

「しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです。」
(ルカによる福音書 10章42節)
聖書のイエスの言葉を引用しましたが、キリスト教のことはお話しません。普段のレッスンの中でよく考える言葉なので、取り上げてみました。

時々、臨時レッスンをすることがあります。楽譜には音符がわからなくなるほどの多くの注意書きが、12色の色鉛筆で書かれている、それで生徒の相談は「いろいろやってもうまくいかないのです」
こんな時は、生徒が「福笑い状態」に陥っていると思います。つまり「本人が腰をすえて自分の音を聴くこと」なしに「もうちょっとそこ右、もうちょっと左」「もうちょっとそれ強く、もうちょっと弱く」「もうちょっとそこは速く、遅く」を繰り返しています。

先日のレッスンで「隅っこに気を付けるように」つまり、音の隅、取り方。拍の最後など隅っこと思われるところに注意して、といっただけで見違えるように弾いた生徒がいました。

また、曲の冒頭のピアノの指示に「subito」(突然)を書き込んで、そのようにしたら全体が見違えるような演奏になった経験があります。
全部が全部ではないのですが、「一つのことが見えると全体もわかってくる」「一つのことに注意したら、全体が変わってくる」ことは多いです。
「楽譜の音符が見えなくなるほどの12色鉛筆で、○×→△↑□」が書きまくられてしまったら、一度全部きれいに消して「ひとつの大切なこと」を見つけると良いです。「どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです。」私自身もここに立ち返ることが必要です。

全体をよく見て、どこに気持ちが行っていないかを確認する。そんなことが必要です。また、「一つだけ」変えるとほかのものも見違えるように良くなることがあります。

参照・意識を移す

参照・大切な

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
今まで「日々雑感」で書いていることを応用したレッスンを行っています。
また、メールでのご意見ご感想、レッスンの相談等もお待ちしています
お問い合わせは m-ohtake☆iris.ocn.ne.jp(星を@マークに)あるいはFBにメッセージでお願いいたします。
特に、ピアノ、音楽を専門にされている方へのレッスンは、金曜日午前中と、土、日曜日に行います。
3人以上の出張レッスン、公開レッスン、講座も行います。

大阪音大音楽院でもレッスンしています (月)(木)(土)
音楽大学受験生も募集しています

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です