ショパン:エチュード作品25-1の場合

ついつい、というか、普通には次のように追って考える人が多い。

そして、以下のようにアクセントをつける。

しかし、以上のやり方では、なんか違うように思われる。

まず、次のように弾いてみる。拍の頭にある16分休符が、わずかな緊張を生み出す。1拍ごとの渦を感じることができる。

また、次のようにも弾いてみる。

ゆったりとした腕からの動きでのびのびと歌うことができる。

この二つを同時に行うということ。つまりちがう回転が同時に存在しているということ。立体的な模様として表現できる。

では、なぜショパンは

とは書かなかったのか?(ショパンは当初、上の譜例のように書いていた)

私は「ショパンの書いた音符の長さは鍵盤を抑える時間」だと考えている。その証拠としては

スケルツォ第1番の中間部・ソナタ第3番の終楽章などが挙げられる。

つまり、ショパンを弾くときには演奏者が自分で「旋律線」を探し当てないといけない。また、それによって「実は右手だけで2つの違う楽器を違うサイクルで響かせている」ということにも気がつく。これがそれぞれ同時に奏でられることにより「響きの奥行」ができてくる。

これは「どのように楽譜を読めば、より豊かな世界になるのか」を考えるための、一つの試論です。

☆☆☆☆☆☆☆

生徒募集のお知らせ

兵庫県明石市JR魚住駅徒歩3分
今まで「日々雑感」で書いていることを応用したレッスンを行っています。
また、メールでのご意見ご感想、レッスンの相談等もお待ちしています
お問い合わせは 上記の「お問い合わせ」からお願いいたします。
特に、ピアノ、音楽を専門にされている方へのレッスンは、金曜日午前中と、土、日曜日に行います。

出張レッスンと講座 日本中どこでも
3人以上の出張レッスン、公開レッスン、講座も行います。

大阪府豊中市 阪急庄内駅徒歩8分
大阪音大音楽院でもレッスンしています (月)(木)(土)
音楽大学受験生も募集しています
こちらもご覧ください

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。