このスケール練習で得られたもの

これは、ハ長調の冒頭ですが、これを全長短調、短調は和声・旋律短音階それぞれやってみました。まず、指使いが難しいです。もちろんスケールの指使いはある程度決まっていて、ハノンなんかの本を見れば、書いてあります。

指替えの指令の出し方を変えないといけなくなります。

それぞれの指替えの位置を示してみました。Aは通常のスケール、Bは3連符を使ったスケールです。

Bの指替えは、いわば「不規則」に近くなります。Aのように「一定の周期」を考えられないので、どうしても「左右それぞれ」の独立したスケールを弾く状態になります。それぞれセクションが必要。Aを弾くために「脳内の組織」を組み替え、2つのスケールをそれぞれ同時に弾く必要があります。

通常のスケールだったら、指替えの位置やリズムが決まっているので、Aの指令系統が使えます。しかし、このB楽譜のスケールでは、絶えず「それぞれの手」への注意が必要なので「一つの指令しか出せない」ので危なくなってきます。より「各セクションの独立」を行い、両手それぞれに注意を向けることが必要です。

上図のように「社長」からの命令ではなく、脳内のネットワークによって独立を確保して任務を遂行する方法が理想です。

実際、やってみると、これらの「脳のネットワークの変化」をなんとなく感じることができます。

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です