ピアニッシモ「PP」!!

先日、コンクールの審査に行きました。このコンクールも年々レベルが上がっていると聞いています。確かにファイナルということもあってか、一定以上のレベルだったと思います。

しかし何かが、そして大事なことが聞こえてこない。

ピアニッシモ。それは「Pを2つ並べた記号」です。

私たちが文章を書くときに「とてもとても」と同じ言葉を2回使うのは、よほど何かを伝えたいときです。「PP」はひょっとしたら作曲家にとってそのような記号かもしれない。

ピアニッシモによってどのようなことが起きるか。ただ「音を小さくする」ために書くのか。または「音が小さくなることによって起きるなにか」があるのか、考察することは大切だと思います。

・特別に小さく弾くことにより、強い緊張を持つ

・逆に、エネルギーを減らし、弛緩した響きを出す。

・遠くから響いているように表現する

・ためらいや、ささやきなどの繊細な気持ちを表現する

まだまだ様々に考えられます

「音が小さくなりました」で終わらせるのは、何か違うと思います。作曲家があらわしたかったその情景や気持ちが、音として表されて聞き手に伝わるだろうか?

無料体験レッスン

【大竹ピアノ教室】トップスライド画像
1回45分程度の無料体験レッスンを受講いただけます。
必要項目をご入力の上お申込みください。
皆様のお申込みをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。